債務整理の方法総合比較サイト|あなたはどの債務整理?

債務整理

多重債務に苦しむ人の多くが、債務整理を考えながらも、なかなか行動に移せないのはなぜでしょう?それは、債務整理といえば自己破産であり、それをする事によって人生に烙印を押されたように感じ、そのイメージの重たさのため、どうしても最初の一歩を踏み出せないからではないでしょうか。
けれど、債務整理の方法は、何も自己破産だけではありません。任意整理や特定調停、個人再生とケースバイケースで取るべき方法は違います。まずは債務整理について正しい知識を得ましょう。
「破産すると保証人に迷惑が掛かるから」「少しくらいなら返せるかもしれない」「せっかく買った我が家を手放したくない」など、債務に悩む人の思いや状況はそれぞれです。そんな思いや状況に、弁護士はベストな債務整理の方法を選択し、手続きのお手伝いをしてくれます。
多重債務によりあまりにも大きく膨らんだ借金に苦しみ、どうしようもなくなったら、ひとまずその状況を法的に鑑み、客観的なアドバイスを求める事が必要です。債務整理は借金に苦しむ人が人生の再スタートを切るための法的な制度です。ぜひ利用して、経済的、精神的負担から解放され、人生をやり直すきっかけにしましょう。その道は、決して一つではないのですから。

 

債務整理の方法

債務整理には、大きく分けて4つの方法があります。
まずは、任意整理。これは業者との話し合いによって私的に行う債務整理の事です。借金の一部をまけてもらったり、利息の再計算によって借金の減額を見込んだり、または長期に渡った分割返済の交渉によって月々の返済額を少なくする事ができます。ケースによっては利息の過払いが判明し、返還の交渉がされる場合もあります。
次に、特定調停。簡易裁判所の調停委員が仲立ちとなり、債務者と債権者の間の合意を計ります。それにより任意整理同様、借金の減額や長期返済が見込めます。ただし、利息の過払いが判明した際にも、返還の交渉はなされません。
そして、個人再生手続き。これは言ってみれば、民事再生手続きの個人バージョンです。裁判所に申し立てを行い、債務の一部を3年以内に返済するという再生計画案を立て、それを実行する事により、残りの債務が免除されるという手続きの事です。住宅を処分する事なく債務整理する事が可能ですが、債務者に一定の収入がある事など条件が付加されます。
最後に自己破産ですが、これは債務整理において最終的な切り札となります。地方裁判所への申し立てにより自己破産手続きを開始し、「免責」が認められれば借金は帳消しになります。反面、財産の処分やしばらくの間、クレジットカードが使えない等のデメリットも生じます。

 

債務整理の方法総合比較

このサイトでは、4つの債務整理方法を比較していきます。

 

あなたはどの債務整理?

 

人が生活においていろいろなことに使用するお金が足りなくなってしまった場合は消費者金融からお金を借りることになりますが、消費者金融は個人に対して融資をしている金融機関であるために他の金融機関に比べてお金が借りやすいという特徴があり、ついお金を借りすぎてしまう人も少なくありません。

 

そして消費者金融からお金を借りすぎてしまい、借金の返済をすることができなくなってしまった場合は法律の専門家に債務整理をしてもらって解決していくことになります。

 

そして債務整理を依頼することになる法律の専門家は弁護士と司法書士がいますが、ケースによっては司法書士に依頼したほうがいいという場合もあります。

 

そして司法書士に債務整理を依頼するメリットですが、弁護士よりも費用が安いということがあげられます。債務整理を依頼する人は基本的にお金がないので少しでも費用が安いほうがいいです。
また司法書士は弁護士よりも相談しやすいので、いろいろなことを相談することができ、自分の満足のいく債務整理をすることができます。

 

逆に司法書士に債務整理を依頼するデメリットもあり、それは一定の範囲の額までの債務整理の手続きを代理することができないので場合によって依頼者本人で手続きをしなければならない場合が出てくるということです。

 

フェアアンドスクエア法律事務所


フリーダイヤル:0120-890-813

 

樋口総合法律事務所

債務整理:個人再生