債務整理の方法総合比較サイト|あなたはどの債務整理?

差し押さえがきた!どうすればいい?
↓弁護士に相談したい時はこちら。


⇒匿名で無料診断してみる

 

差押通知書が来たら

 

借金をくり返した挙句、給与が差し押さえになるケースがあります。
これは多重債務者にありがちな傾向であり、滞納していると、給与の差し押さえが始まることがあります。差し押さえはあなたの勤務先の社長宛に送られ、毎月支払う給料のうちの4分の1を業者に支払うことになります。会社の社長があなたの借金の一部を業者に支払うわけですから、会社の内部からは相当のプレッシャーがかかることでしょうし、良い顔はあまりされません。

 

給料の差し押さえを避けるためには、まずは個人再生や自己破産相談を頭に入れることです。差し押さえが始まりそうだという時に、弁護士に入ってもらい、個人再生をすることで督促も差し押さえも止まります。自己破産や民事再生を行ったさいには、お金を貸した側は、給料の差し押さえを強制的に行うことができなくなりますので、いち早い相談をしてください。

 

最も良い方法は給料の差し押さえまで行くことなく、業者と話し合いをして、毎月、少しずつでも返済する意志を見せ、払っていくしかありません。借入を最初からしないことが一番良いのですが、それができなければ、借金をするべきではないのです。

 

慌てずまずは無料相談

とはいえ、差し迫っている状況で給料の差し押さえが始まりそうであれば、やはり弁護士に相談することをおすすめします。
相談時には債務整理に強い弁護士に依頼してください。
依頼料は20~30万円ほどかかりますが、それで督促も止まり、差し押さえも止まるので、長期的に見れば非常に安く済むのです。

 


⇒匿名で無料診断してみる

 

司法書士への依頼であれば弁護士より何割か安くなります。


⇒ウイズユー司法書士事務所に無料相談してみる